全ての歌ディズニー映画一覧

『空飛ぶゾウ・ダンボ』で流れた英語の歌・全曲まとめ





『空飛ぶゾウ・ダンボ』の英語歌詞一覧


ジャンボ

歌:Baby Mine(私の赤ちゃん)

映画: Dumbo(空飛ぶゾウ・ダンボ)

ダンボ

歌:Casey Junio(ケイシー・ジュニア)

映画: Dumbo(空飛ぶゾウ・ダンボ)

ティモシー

歌:When I See an Elephant Fly(もし象が空を飛べたら)

映画: Dumbo(空飛ぶゾウ・ダンボ)



『空飛ぶゾウ・ダンボ』の解説


公開日:1941年10月23日(米) 1954年3月12日(日)


制作会社:Walt Dinsey Pictures(ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ)


監督:Ben Sharpsteen(ベン・シャープスティーン)


作曲家:Oliver Wallace(オリバー・ウォレス)


代表曲:Baby Mine(私の赤ちゃん)


アカデミー賞:最優秀歌曲賞・作曲賞受賞


ゴールデングローブ賞:無し


主要キャラクター:Dumbo(ダンボ), Mrs. Jumbo(ジャンボ), Timothy(ティモシー), Ringmaster(サーカス団長)


あらすじ|Dumbo(空飛ぶゾウ ダンボ)は1941年、第二次世界大戦が始まった後すぐに公開された映画です。 コウノトリがサーカスの象であるジャンボのもとに運んできた耳の大きな子供の像であるダンボが、母親と離ればなれになり、悲しむが、ネズミの友達であるティモシーと空を飛べるよう訓練し、最後には母親と再会する、親子愛が良く描写されている映画です


曲の説明|映画の冒頭でサーカスの汽車であるケイシー.Jr(ディズニーランドのミッキーとミニーがエレクトリカルパレードの際に乗っている汽車)が各地を走る描写とともに流れるのが『Casey Junior(ケイシー・ジュニア)』です。
ダンボを守るために暴れてしまったジャンボは檻に入れられてしまいます。ティモシーに連れられダンボは母親の元へ行きますが、母親は鎖に繋がれダンボの顔を見ることができません。悲しい気持ちもあるが、ダンボを慰めようとする母親が歌うのが『Baby Mine(私の赤ちゃん)』です。
映画の終盤でダンボとティモシーが出会うカラスたち。像であるダンボが飛ぶことが信じられないカラスらは『When I See an Elephant Fly(もし象が空を飛べたら)』を歌います。