曲名:The Mob Song
(夜襲の歌) 


映画: Beauty and The Beast
(美女と野獣)



music by Alan Menken
lyrics by Howard Ashman
singing by Richard White(Gaston), Jesse Corti(LeFou), Gerard Horan(Jean Potts), David Ogden Stiers(Cogsworth), Angela Lansbury(Mrs. Potts)

英語の歌詞と和訳


*赤くなっている英語は下に解説が載っています。

The Beast will make off with your children!
He'll come after them in the night!

野獣は君たちの子供を誘拐するぞ!
野獣は夜に子供たちのところにやってくるのさ


No!

そんなことないわ!


We're not safe till his head is mounted on my wall!
I say we kill the Beast!
Kill him!

野獣の頭が俺のかべに貼り付けらるまでは安心できないぞ!
あの野獣を殺そうじゃないか!
野獣を殺すぞ!


We're not safe until he's dead
He'll come stalking us at night

野獣が死ぬまで俺たちは安全じゃないんだ
野獣は夜にこっそりとやってくるんだ


Set to sacrifice our children
To his monstrous appetite

子供たちを犠牲にする事に取り掛からなくちゃ
彼も途方もない食欲のために


He'll wreak havoc on our village
if we let him wander free

野獣は俺たちの村に大被害をもたらすぞ
もし俺たちが野獣にそこらじゅうを歩き回るのを許したらね


So it's time to take some action, boys
It's time to follow me

今が行動を起こす時さ
俺についてくる時さ


Through the mist
Through the woods

霧を通り抜け
森を通り抜け


Through the darkness and the shadows
It's a nightmare but it's one exciting ride

暗闇と影を通り抜ける
これは悪夢だが、刺激的な乗り物さ


Say a prayer
Then we're there

祈りの言葉を言え
そして俺たちはそこに行く


At the drawbridge of a castle
And there's something truly terrible inside

その城の跳ね橋の所に(行く)
そしてその中には本当に酷い何かがいるのさ


It's a beast
He's got fangs

それは野獣
彼は牙を持っている


Razor sharp ones
Massive paws

カミソリの様に鋭い牙を持っているのさ
巨大な手も持っている


Killer claws for the feast
Hear him roar

そして御馳走のための殺しの鉤爪も持っているのさ
彼の咆哮を聞け


See him foam
But we're not coming home
Till he's dead

彼が激怒した姿を見ろ
だが俺たちは家には帰らない
彼が死ぬまではね


Good and dead
Kill the Beast!

本当に死ぬまではね
野獣を殺せ!


No!
I won't let you do this!

だめよ!
私はそんな事させないわ!


If you're not with us, you're against us!
Bring the old man!

もし君が俺たちに賛成しないなら、君は俺たちに反対って事だ!
あの年寄り(ベルの父親)を連れてこい!


Get your hands off me!

ワシから手を離せ!


We can't have them running off to warn the creature

こいつら(ベルとベルの父)を逃し、あいつ(野獣)に警告するなんて事はさせられない


Let us out!

私たちを出して!


We'll rid the village of this Beast.
Who's with me?
I am! I am! I am!

この村からあの野獣を追い払うぞ
俺に賛成の奴は?
俺だ!僕だ!私だ!


Light your torch
Mount your horse

たいまつに火をつけろ
馬にまたがれ


Screw your courage to the sticking place
We're counting on Gaston to lead the way

勇気をくっつく場所にネジで固定しろ
俺たちはガストンが導くのを頼りにしているのさ


Through a mist
Through a wood

霧を通り抜け
森を通り抜け


Where within a haunted castle
Something's lurking that you don't see ev'ry day

呪われた城の中には
何か日頃はみない様なものが待ち受けている


It's a beast
One as tall as a mountain

それは野獣だ
山の様に背の高い野獣さ


We won't rest
Till he's good and deceased

俺たちは休まないぞ
野獣が本当になくなるまではな


Sally forth
Tally ho

果敢に向かうぞ
獲物は見つけたぞ


Grab your sword
Grab your bow
Praise the Lord and here we go!

剣を取れ
弓を取れ
神への信仰心を見せよ、行くぞ!


We'll lay siege to the castle and bring back his head!

俺たちはあの城を包囲し、野獣の首を持ち帰るぞ!


I have to warn the Beast! This is all my fault!
Oh, Papa, what are we going to do?

野獣に警告しないといけないわ!全て私のせいよ!
お父さん、私たちどうすれば良いのかしら?


Now, now, we'll think of something

ふむ、、何か考えなければいけないね


We don't like
What we don't understand

俺たちは好きじゃないのさ
俺たちに理解できないことはね


In fact it scares us
And this monster is mysterious at least

実際にそれ(野獣)は俺らを怖がらせるんだ
そのモンスター(野獣)は少なくみても不可解なのさ


Bring your guns
Bring your knives

銃を持って来い
ナイフを持って来い


Save your children and your wives
We'll save our village and our lives
We'll kill the Beast!

子供と嫁を守るんだ
俺たちの村と命を守ぞ
俺たちであの野獣を殺すんだ!


I knew it!
I knew it was foolish to get our hopes up

知ってたよ!
高い期待を抱くなんて愚かな事だったんだ


Maybe it would have been better if she had never come at all...
Could it be?

もし彼女(ベル)がここ(お城)に一度もくる事がなかったマシだったのかもしれない...
今のはベルかい?


Is it she?
Sacre bleu! Invaders!
Encroachers!

ベルかしら?
なんてこった!侵入者だ!
侵略者だ!


And they have the mirror!

彼らはあの(魔法の)鏡を持っているぞ!


Warn the Master!
If it's a fight they want, we'll be ready for them.
Who's with me? Ah-ha!

ご主人様(野獣)に警告しなければ!
もし彼らが戦いを望むのならば、私たちも準備をしなければ
私についてこい!


Take whatever booty you can find.
But remember, the Beast is mine!

見つけられる戦利品はなんでも持っていって良いぞ
だが覚えておけ、野獣は俺のものだ!


Hearts ablaze
Banners high

燃える心に
掲げられた大義


We go marching into battle
Unafraid although the danger just increased

私たちは戦いへ行進していく
危険は増えたけれど、何も恐れてなんかいないわ


Raise the flag
Sing the song

旗を掲げよ
歌を歌え


Here we come, we're fifty strong
And fifty Frenchmen can't be wrong
Let's kill the Beast!

さあ行くぞ、俺たちは50人分の強さがある
50人のフランスの男に間違いはないのさ
さあ野獣を殺そう!


Pardon me, Master
Leave me in peace

失礼します、ご主人様
私をそっとしておいてくれ


But sir!
The castle is under attack!

しかしご主人様!
このお城が攻められています!


Kill the Beast!
Kill the Beast!

野獣を殺せ!
野獣を殺せ!


This isn't working!
Oh Lumiere, we must do something!
Wait, I know!

これは上手くいっていないぞ!
ルミエール、私たち何かしなくちゃ!
待ってよ、わかったぞ!


Kill the Beast!
Kill the Beast!

野獣を殺せ!
野獣を殺せ!


What shall we do, Master?

どうしましょう、ご主人様?


It doesn't matter now.
Just let them come

もうどうでも良いのさ
奴らは中に入れてしまって良いよ


Kill the Beast!
Kill the Beast!

野獣を殺せ!
野獣を殺せ!


英語の解説



make off with your children
"make off with A"は"make away with A"と同じ意味で「Aを持ち去る」「Aを盗む」「Aを誘拐する」という意味です。


come after them
"come after A"は「Aの跡を追う」という意味です。
(例)"We need to run! He is coming after us!「走らないと!彼は私たちの後を追ってきているわ!」


wreak havoc on our village
"wreak havoc on A"は「Aをだめにする」「Aに被害をもたらす」という意味です。


take some action
"take an action""take some actions"は「行動を起こす」という意味です。


Good and dead, good and deceased
"Good and A"は"Very A"と同様に「とてもA」という意味です。
(例)"Our teacher was good and mad."「私たちの先生はとても怒っていました。」


Get your hands off me
"Get A off B"は「AをBからどける」「AをBから離す」という意味です。


rid the village of this Beast
"rid A of B"は「AをBから取り除く」という意味です。


Who's with me?
"Who's with me?"は何か意見を言った後に賛成をする人がいるか聞く際に言います。


Sally forth
"Sally forth"は「反撃にでる」「果敢に立ち向かう」という意味です。


Tally ho
"Tally ho"は猟師が何か探していた獲物(主にキツネ)を見つけた際にいう掛け声です。


here we go, Here we come
"Here A go"は「Aが行くぞ」という意味でAがどこかに向かっていく際にいう言葉で"Here A come"は「Aがやってくるぞ」という意味で逆にAがやってくる際にいう言葉です。


lay siege to the castle
"Lay siege to A"は「Aを包囲する」という意味です。


In fact
"In fact"は「実際には」「真実は」という意味です。


get our hopes up
"Get A's hopes up"は「Aが期待を寄せる」「Aが高い期待を抱く」という意味です。


at all
"at all"は「全く」という意味です。
(例)"I don't like this color at all."「僕はこの色が全く好きじゃない。」


Sacre bleu
"Sacre blue"はフランス語で「まじか」「やった」のような驚きや喜びを表す際に発する言葉です。


Encroachers
"Encroacher"は「他人の敷地に不法に侵入する人」「侵略者」という意味です。


Leave me in peace
"Leave A in peace"は「Aをそっとしておく」という意味です。


This isn't working
"work"は「働く」という意味の他にも「上手く行く」という意味があります。
(例)"I hope it's gonna work."「これ上手く行くと良いなぁ。」


It doesn't matter now
"it doesn't matter"は「関係ない」「どうでも良い」という意味です。



The Mob Song (夜襲の歌)についての解説



この曲は映画美女と野獣の終盤にガストンら村の男たちが野獣を退治しに行く際に歌われます。
この曲は映画ポカホンタスの"Colors of The Winds"(カラー・オブ・ザ・ウィンド)やリトルマーメイドの "Poor Unfortunate Soul"(あわれな人々)などを作曲したアランメンケン によって作曲されました。


オススメの記事