曲名:Speechless
(スピーチレス〜心の声) 


映画:Aladdin Live Action
(実写版 アラジン)



music by Alan Menken
lyrics by Howard Ashman, Tim Rice, Benj Pasek, Justin Paul
singing by Naomi Scott(Jasmine)

英語の歌詞と和訳


*赤くなっている英語は下に解説が載っています。


Here comes a wave meant to wash me away
A tide that is taking me under

波が来る、私を押し流すためにできた波が
私をコントロールする潮が来る


Swallowed in sand, left with nothing to say
My voice drowned out in the thunder

砂に飲み込まれる、何も言うことを残さないまま
私の声は雷にかき消される


But I won't cry
And I won't start to crumble

でも私は泣かない
私は崩れたりなんてしない


Whenever they try
To shut me or cut me down

いつ彼らが私を抑え込もうと、
切り捨てようとしようとも


I won't be silenced
You can't keep me quiet

私は沈黙なんてしない
私を黙らせることなんてできない


Won't tremble when you try it
All I know is I won't go speechless

あなたがそれを試そうとしても、私は怖くて震えたりなんてしない
私はわかっているの、私は無言にはならない


'Cause I'll breathe
When they try to suffocate me

だって私は呼吸をするから
彼らが私を窒息させようとしても


Don't you underestimate me
'Cause I know that I won't go speechless

私を見くびらないで
私は知っている、私は無言にはならないの


Written in stone
Every rule, every word

変わらないこと
全てのルール、全ての言葉


Centuries old and unbending
'Stay in your place'

何世紀も前からある、変えられないこと
「あなたの場所に留まりなさい」


'Better seen and not heard'
But now that story is ending

「みているだけで、話はするな」
でもそんなのはもうおしまいよ


Cause I
I cannot start to crumble

だって私は
私は崩れる事はできない


So come on and try
Try to shut me or cut me down

だから来て、試してみなよ
抑えて切り捨てようとしてみなよ


I won't be silenced
You can't keep me quiet

私は沈黙なんてしない
私を黙らせることなんてできない


Won't tremble when you try it
All I know is I won't go speechless
Speechless

あなたがそれを試そうとしても、私は怖くて震えたりなんてしない
私はわかっているの、私は無言にはならない
無言になんては


Let the storm in
I cannot be broken

嵐が来ても良いわ
私は壊れることなんてできないから


No, I won't live unspoken
'Cause I know that I won't go speechless

話さないで生きることなんてしない
だって知っているから、私は無言にはならないってこと


Try to lock me in this cage
I won't just lay me down and die

この檻の中を見ようとしなよ
私はただ横になって死ぬなんて事しないわ


I will take these broken wings
And watch me burn across the sky
Hear the echo saying...

私はこの壊れた翼を使うわ
そして私が空の上で焼きつくのをみなさい
聞きなさい、私が言うことのエコーを


I won't be silenced
Though you wanna see me tremble when you try it

私は沈黙なんてしない
あなたが試みたときに、私が怖がって震えるのをみたいとしても


All I know is I won't go speechless
Speechless

私はわかっているの、私は無言にはならないってこと
無言になんてね


'Cause I'll breathe
When they try to suffocate me

だって私は呼吸をするから
彼らが私を窒息させようとしても


Don't you underestimate me
'Cause I know that I won't go speechless

私を見くびらないで
私は知っている、私は無言にはならないの


All I know is I won't go speechless
Speechless

私がわかっているのは、私は無言にはならないってこと



英語の解説



Here comes a wave
"Here comes A"は「Aがやってくる」「Aがくる」という意味です。


wash me away
"Wash away"は「洗い流す」「押し流す」という意味です。
(例)Nothing can ever wash away my feeling of responsibility for her death.「彼女の死に対する僕の責任感は何をしても押し流される(消え去る)事はない。」


taking me under
"Take A under B's wing"で「AをBが守る」「Aのお世話Bがする」「AをBがコントロールする」という意味です。
"Lily just moved in here by herself, so I decided to take her under my wings for a while." リリーはここに1人で引っ越してきたから、わたしは少しの間世話をしてあげることに決めたの。」


drowned out in the thunder
"Drown out"は「かき消す」「押し流す」という意味です。


shut me or cut me down
"shut A down"「Aを抑える」「Aのパワーを落とす」「Aを閉じる」という意味です。


speechless
"Speech"「話す事」と"Less"「〜無し」を合わせたもので「口を聞けない」「言葉を発しない」「無言」のという意味です。


Written in stone
直訳すると「石に書かれている」で、そこから「変えられないこと」「決定事項」という意味が取れます。


Better seen and not heard'
これはことわざで、元は"Children Should Be Seen and Not Headrd"で「子供は大人たちが会話しているときは見てるだけで、会話に入ってはいけない。」という意味です。


Let the stom in
"Let A B"は「AにBをさせる」「AにBをすることを許可する」という意味です。
"Let me go first. I'm late already."「先に行かせて。もうすでに遅刻してるんだよ。」


Speechless(スピーチレス〜心の声)についての解説



この歌は1992年のアニメーションバージョンのジャファーの"Speechless, I see. A fine quality in a wife!"「スピーチレス(無言)か、いいだろう。妻として素晴らしい資格だ!」というセリフにインスパイアされて作られたそうです。
スピーチレスは実写版アラジンのために作られた歌で、昔の時代であったため女性であったために意見を言う事が出来ず、また商品のように扱われるジャスミンの気持ちが書かれた歌です。
この曲は劇中で、ジャファーに操られたジャスミンの父に意見を拒否されたさい、そしてジャファーがジーニーによって力を得て、家族全てを牢屋に連れて行こうとした際の2回流れます。
"Under the sea"(アンダー・ザ・シー)"Beauty and the Beast"(美女と野獣)などの歌を手掛けた作曲家であるアラン・メンケンはこの歌Speechless(スピーチレス)に対して "starts with a solo piano, very intimate, and really gets into the soul of Jasmine"「ソロピアノの伴奏から始まり、とても密接にジャスミンの魂に入り込む歌だと述べています。
またこの歌を歌っているNaomi Scott(ナオミ・スコット)はReloadと言うYouTubeアカウントで歌を二つ公開しています。
昔ほどは酷くはないですが、現代のいまだに残る男尊女卑の社会にとても心に響く歌になっていて、世界中のたくさんの女性から支持されている歌となっています。

オススメの記事