【歌詞和訳と英語解説】
A Spoonful of Sugar
(お砂糖ひとさじで) 


映画:Mary Poppins
(メリー・ポピンズ)



music Sherman Brothers
lyrics by Sherman Brothers
singing by Julie Andrews(Mary Poppins)

英語の歌詞と和訳


*赤くなっている英語は下に解説が載っています。
*上に貼ってあるYouTubeの動画を再生しながら歌詞を見ることも可能です。


In every job that must be done
There is an element of fun

全ての終わらせなければならない仕事には
そこには楽しい要素があります


You find the fun and snap!
The job's a game

楽しい事を見つけて、指パッチン
このお仕事はゲームなのです


And every task you undertake
Becomes a piece of cake
A lark! A spree! It's very clear to see that

君が引き受けた全ての仕事は
簡単になるの
悪ふざけ!馬鹿騒ぎ!これはもう明らかよ!


A spoonful of sugar helps the medicine go down The medicine go down, the medicine go down

スプーン1さじのお砂糖でお薬を簡単に飲めるわ
お薬を簡単に飲めるわ、お薬を簡単に飲めるわ


Just A spoonful of sugar helps the medicine go down
In a most delightful way

スプーン1さじのお砂糖でお薬を簡単に飲めるわ
一番楽しい方法でね


A robin feathering his nest
Has very little time to rest
While gathering his bits of twine and twig

自分の巣を羽で覆っているコマドリは
すこしだけ休む時間を持っている
コマドリが麻紐や小枝を集めている最中にね


Though quite intent in his pursuit
He has a merry tune to toot
He knows a song will move the job along
 

コマドリは目的にとても熱心だけど
コマドリは鳴くための心地よいメロディーを持っている
コマドリはその歌が仕事を先に進ませるを知っているの


A spoonful of sugar helps the medicine go down
The medicine go down, the medicine go down

スプーン1さじのお砂糖でお薬を簡単に飲めるわ
お薬を簡単に飲めるわ、お薬を簡単に飲めるわ


Just A spoonful of sugar helps the medicine go down
In a most delightful way

スプーン人さじのお砂糖でお薬を簡単に飲めるわ
一番楽しい方法でね


The honey bee that fetch the nectar
From the flowers to the comb
Never tire of ever buzzing to and fro
花の蜜を取ってくるミツバチ
花から蜂の巣まで
あちらこちらぶんぶん飛び回ることに疲れないの


Because they take a little nip
From every flower that they sip
And hence (And hence)
They find (They find)
Their task is not a grind

だってミツバチは少しだけつまむの
毎回少しの花の蜜から
それゆえに(それゆえに)
ミツバチは思うのよ(彼らは思うのよ)
ミツバチの仕事は辛く無いって


(Ah-h-h-h-h-h-h-h-h-h-h ah!)
Cheeky!

あー!
なんて厚かましいの!


A spoonful of sugar helps the medicine go down
The medicine go down, the medicine go down

スプーン人さじのお砂糖でお薬を簡単に飲めるわ
お薬を簡単に飲めるわ、お薬を簡単に飲めるわ


Just A spoonful of sugar helps the medicine go down
In a most delightful way

スプーン人さじのお砂糖でお薬を簡単に飲めるわ
一番楽しい方法でね


英語の解説



undertake"Undertake"は「(物事を)引き受ける」「(プロジェクトを)開始する」「着手する」という意味です。

a piece of cake"Piece of cake"は「とても簡単」「簡単」という意味です。
(例)"I can do that. It's a piece of cake!"「僕にもできるよ。こんなの簡単さ!」

lark"Lark"は「ヒバリ」という意味ですもあるが、ここではもう一つの意味「悪ふざけ」「冗談」という意味を使っています。

A spoonful of sugar helps the medicine go down直訳すると「スプーン人さじのお砂糖でお薬を簡単に飲める」ですが、そこから「少しでも良いことがあれば辛いことも頑張れる」「なんとかなる」という意味にもなります。

In a most delightful way"way"は「道」という意味の他にも「方法」「やり方」という意味があります。
(例)"We need to find a way to call our mom."「私たちの母に電話する方法を見つける必要があります。」

move the job along"Move A along"は「Aを(先に)進める」「Aに立ち去らせる」という意味です。

nectar"nectar"は「花の蜜」「美味しい飲み物」という意味です。

to and fro"To and fro"は「あちらこちらへ」「行ったり来たり」「前へ後ろへ」「左右に」という意味です。
(例)"My ship was rocking gently to and fro in the water."「私の船は水の上でゆっくり左右に揺れていました。」

nip"nip"は「(食べ物を)軽くつまむ」「かじる」という意味です。

grind"grind"は動詞として「挽く」「強くこする」という意味で使われることが多いいですが、この曲では名詞の「辛い仕事」「退屈な仕事」という意味で使われています。

Cheeky"Cheeky"はイギリス英語で「生意気」「厚かましい」という意味です。


A Spoonful of Sugar (お砂糖ひとさじで )についての解説


この曲の初のライブは日本でもテレビで流れました。
メリー・ポピンズの主題歌はアカデミー賞受賞曲である"Chim Chim Cheree"(チムチムチェリー)ではなくこの曲です。
またこの曲はTVショーであるセサミストリートのシーズン1で流れました。