曲名:One Jump Ahead
(一あし先に) 


映画:Aladdin / Aladdin Live Action
(アラジン / 実写版アラジン)



アニメーション版


music by Alan Menken
lyrics by Tim Rice
singing by Brad Kane(Aladdin)
Guards(Jim Cummings,Frank Welker,Corey Burton,Jeff Bennett)


実写版


music by Alan Menken
lyrics by Howard Ashman, Tim Rice, Benj Pasek, Justin Paul
singing by Mena Massoud(Aladdin)

英語の歌詞と和訳


*赤くなっている英語は下に解説が載っています。

Gotta keep
One jump ahead of the breadline
One swing ahead of the sword

貧困から抜け出し続けなくちゃ
剣をかわし続けなくちゃ


I steal only what I can't afford
(That's Everything!)

買えないものしか盗まないよ
(何も買えないから)全部だけどね


One jump ahead of the lawmen
That's all, and that's no joke
These guys don't appreciate I'm broke

法律の手から逃げ続けなきゃ
それだけさ、冗談なんかじゃないよ
こいつら僕が一文無しなのを正しく理解してないのさ


Riffraff!
Street rat!
Soundrel!
Take that!

落ちこぼれ!
ドブネズミ!
悪党!
こいつをくらえ!(野菜を投げながら)


<アニメーション版>
Just a little snack, guys
Rip him open, take it back, guys

ただ少しのスナックだよ、みんな
あいつを引き裂け、盗まれたものを取り戻せ


<アニメーション版>
I can take a hint, gotta face the facts
You're my only friend, Abu!

状況はわかった、真実を受け止めなきゃね
君は僕のたった1人の友達だよ、アブー!


<実写版>
Try a different tact, guys
Rip him open, take it back, guys

違う方法を試しなよ
あいつを引き裂け、盗まれたものを取り戻せ、みんな


<実写版>
I can take a hint, gotta face the facts
Could really use a friend or two

状況はわかった、真実を受け止めなきゃね
友達が1人か2人でもいれば本当にいいんだけど


Who?
Oh it's sad Aladdin has hit the bottom

だれ?
アラジンがずっと最下層にいるのは悲しいわ

He's become a one-man rise in crime
I'd blame parents except he hasn't got 'em

彼は単独で犯罪者としての地位を挙げているわ
私なら彼の両親を非難するわ、彼に両親はいないけどね


Gotta eat to live, gotta steal to eat
Tell you all about it when I got the time!

生きるには食べなきゃいけない、食べるには盗らなくちゃいけない
時間ができたときにすべてのことを話すよ!


One jump ahead of the slowpokes
One skip ahead of my doom
Next time gonna use a nom de plume

ノロマより先に行かなきゃ
自分の最後が来るより先に行かなきゃ
次からは、偽の身元をつかおう


One jump ahead of the hitmen
One hit ahead of the flock
I think I'll take a stroll around the block

殺し屋を出し抜かなきゃ
ヤギの群れの一足先に行かなきゃ
その機器をぶらぶら散歩でもしてみるかな


Stop, thief!
Vandal!
Abu!
Scandal!

待て泥棒!
(器物損壊する)野蛮なやつ!
アブー!
スキャンダルよ!


Let's not be too hasty
Still I think he's rather tasty

そんなに慌てて急がないことにしようよ
私はやっぱり、彼が好みだけどなぁ


Gotta eat to live, gotta steal to eat
Otherwise we'd get along
Wrong!

生きるには食べなきゃいけない、食べるには盗らなくちゃいけない
そうじゃなければ、みんなで仲良くできるのにね
そんなことはない!


One jump ahead of the hoofbeats
(Vandal!)
One hop ahead of the hump
(Street rat!)

ヒヅメの音より先に行かなきゃ
((器物損壊する)野蛮なやつ!)
小丘を超えて一足先に行かなきゃ
(ドブネズミ!)


One trick ahead of disaster
(Scoundrel!)
They're quick, but I'm much faster
(Take that!)

大惨事似合わないように先に考えないと
(悪党!)
彼らは早いけど、僕の方が全然早い
(あれを取り上げろ!)


Here goes, better throw my hand in
Wish me happy landin'
All I gotta do is jump!

おっと、諦めるべきだな
僕のハッピーな着地を願ってて
僕のしなきゃいけないことは飛び降りることさ!



英語の解説



Gotta keep
gotta face
Gotta eat
gotta steal
gotta do
"Gotta V"は"Got to V"「Vしなければいけない」というイディオムの略です。
(例)"I gotta do my homework."「宿題をしなくちゃいけない。」


One jump ahead
"one jump ahead"直訳すると「一飛び先に」「先回り」「一足先」などの意味で訳されることが多いいです。


breadline
"breadline"直訳すると「パンの列」ですが、これは「配給されるパンの列」のことを示します。また、配給されるパンを待つ人たちは貧しい人たちのため「生活の最低水準」と訳すこともできます。


ahead of
"ahead of A"は「Aの前に」「Aより先に」「Aより優れた」という意味です。
(例)"Why are you trying so hard to get ahead of me?"「なんでそんなに僕より優れようと頑張っているの?」


That's all
"That's all"は「それが全てだ」という意味です。
(例)"I just need little bit more time. That's all."「ただもう少しだけ時間が必要なんだ。それだけだよ。」


appreciate
「感謝」(例)"I appreciate it."「感謝します。」という意味で使われることが多いいですが、今回は「正しく理解する」という意味で使われています。


I'm broke
"Be broken"で「破産する」「一文無しでいる」という意味です。


take it back
"take A back"は「Aを取り返す」「Aを奪い返す」という意味です。
(例)"I have to take my phone back from him."「彼から僕の携帯を取り返さないと。」


take a hint
"take a hint"は直訳は「手掛かり、ヒントを受け取る」そこから「状況を把握する」「空気を読む」という意味として使われています。


hit the bottom
"hit the bottom"は「一番下を打つ」という直訳で、そこから「最下層にまで落ちる」「一番最低のところまで落ちる」と訳せます。


nom de plume
"nom de plum"は英成フランス語です。「筆名」「ペンネーム」という意味です。そこから、ここでは「偽の身元」という意味で使われています。


take a stroll
"take a stroll"は「散歩する」「ぶらつく」という意味です。


we'd get along
"Get along"は「仲良くする」という意味です。
(例)"We get along each other so well."「私たちはとてもよく仲良くしています。」


throw my hand in
"throw A's hand in"は「(努力した後に)諦める」「(努力した後に)やめる」という意味です。



One Jump Ahead(一あし先に)についての解説



<アニメーション版>
One Jump Ahead(一あし先に)は、アラジンとアブーがパンを盗んだことにより、守衛たちに追いかけ回されている場面で歌われています。
この歌によって、アラジンがアグラバーでどのような身分なのか、どのような生活を送っているのかが読み取れます。
また、この歌は、他のシーンでアラジンが自分の人生や望みについて深く考えているときに、優しく、もっとドラマティックに歌われています。


<実写版>
実写版アラジンでは歌詞が少し変わっていて、またジャスミンもアラジン、アブーと一緒に逃げています。
また、この曲が流れる際に観れるシーンもアニメーション版とは違っていますが、コミカルな部分は実写版でも見れます。

オススメの記事