全ての歌ディズニー映画一覧

『メリー・ポピンズ リターンズ』で流れる英語の歌・全曲まとめ





『メリー・ポピンズ リターンズ』の英語歌詞一覧


メリーポピンズ

歌:A Cover Is Not The Book(本は表紙じゃわからない)

映画:Mary Poppins Returns(メリー・ポピンズ・リターンズ)

メリーポピンズ

歌:Can You Imagine That?(想像できる?)

映画:Mary Poppins Returns(メリー・ポピンズ・リターンズ)

メリーポピンズ

歌:The Place Where Lost Things Go(幸せのありか)

映画:Mary Poppins Returns(メリー・ポピンズ・リターンズ)

ジャック

歌:Trip A Little Light Fantastic(小さな火を灯せ)

映画:Mary Poppins Returns(メリー・ポピンズ・リターンズ)

メリーポピンズ

歌:Nowhere To Go But Up(舞い上がるしかない)

映画:Mary Poppins Returns(メリー・ポピンズ・リターンズ)



『メリー・ポピンズ リターンズ』の解説


公開日:2018年12月19日(米)2019年2月1日(日)


制作会社:Walt Disney Production(ウォルト・ディズニー・プロダクション)


監督:Rob Marshall(ロブ・マーシャル)


作曲家:Marc Shaiman(マーク・シャイマン)


代表曲:Can You Imagine That?(想像できる?)


アカデミー賞:無し


ゴールデングローブ賞:無し


主要キャラクター:Mary Poppins(メリー・ポピンズ), Jack(ジャック), Michael Banks(マイケル・バンクス), Jane Banks(ジェーン・バンクス)


あらすじ|舞台は前作のメリー・ポピンズから25年がたったイギリスのロンドン。前作で登場したあの小さかったジェーンとマイケルも大人になり、マイケルは結婚し3人の子供にも恵まれていました。 しかし彼の妻は他界してしまい、さらには世界恐慌も起こり、前作でマイケルの父が重職として働いていた銀行に抵当に入れていた家を失いそうになってしまいます。そんな一家の危機を救うために、笑顔を取り戻すために、メリー・ポピンズが風に乗ってまた彼らの前に現れます。


曲の説明|『Can You Imagine That?(想像できる?)』この曲はメリー・ポピンズがお世話をし始めた際に子供たちをお風呂に入れ、浴槽のなかを泳ぎ回るシーンで流れます。
『A Cover Is Not The Book(本は表紙じゃわからない)』この曲はメリー・ポピンズたちが壊れた壺を直しに、絵の中に入った際、ジャックとメリーポピンズがお芝居をする際に流れます。
『Trip A Little Light Fantastic(小さな火を灯せ)』この曲は子供たちが迷子になりそうになった時に、ジャックが明かりを辿って他の点灯夫と出会い、踊る際に流れます。
『The Place Where Lost Things Go(幸せのありか)』

この曲は母親を無くし、悲しくなり立ち直れないでいたマイケルの子供たちをメリー・ポピンズが慰めるシーンで流れます。
『Nowhere To Go But Up(舞い上がるしかない)』この曲は映画のエンディングのシーンで全てのことを終えたマイケルが、風船に乗って、魔法は本当だったと思い出す際に流れます。