【歌詞和訳と英語解説】
The Magic Number


歌手:De La Soul(デ・ラ・ソウル)



music by De La Soul(デ・ラ・ソウル)
lyrics by De La Soul(デ・ラ・ソウル)
singing by De La Soul(デ・ラ・ソウル)

英語の歌詞と和訳


*赤くなっている英語は下に解説が載っています。
*上に貼ってあるYouTubeの動画を再生しながら歌詞を見ることも可能です。

Three, that's the Magic Number
Yes, it is, it's the magic number

「3」それは魔法の数字さ
そうさ、それは魔法の数字なのさ


Somewhere in this hip-hop soul community
Was born three: Mase, Dove and me

このヒップホップコミュニティのどこかで
この「3」人は生まれたのさ、メイスにドーヴにそして俺


And that's the magic number
(What does it all mean?)

そしてそれは魔法の数字なのさ
(どういうこと?)


Difficult preaching is Posdnuos' pleasure
Pleasure and preaching starts in the heart

難しい事を説くのはポスの好きな事さ
娯楽と説く事はポスの心が本当にしたい事さ


Something that stimulates the music in my measure
Measure in my music, raised in three parts

俺にとって何か音楽をよくさせる事
俺の音楽を測る定規、それには「3」つの基準があるのさ


Casually see but don't do like the Soul
Cause seein' and doin' are actions for monkeys

さりげなく見えるように、ソウルミュージックの様には動くんじゃないよ
さりげなく見えるのと目に見えるように動くのは全くの別もんさ、目に見えるのはお猿さんみたいさ


Doin' hip hop hustle, no rock and roll
Unless your name's Brewster, cause Brewster's a Punk (three)

ヒップホップをするんだ、ロックンロールじゃないよ
君の名前がブリュースターでない限りはね、だってブリュースターはパンクだから(「3」)


Parents let go cause there's magic in the air
Criticising rap shows you're out of order

親は諦めるんだ、だって何か奇跡が起こりそうだからね
ラップを批判する事、それは君がなんか変って事さ


Stop look and listen to the phrase Fred Astaires
And don't get offended while Mase do-si-do's your daughter

(ラップなんて)やめて、フレッド・アステアを見て聴くんだ
メイスが君の娘とダンスをしたってムッとしないでよ


A tri-camera rolls since our music's now set
Fly rhymes are stored on a Da.I.S.Y. production

三脚カメラが動画を撮り始める、俺らの音楽の準備ができているからね
”フライ”と韻を踏む単語は"デイジー"プロダクションに保存されているのさ


It stands for “Da Inner Sound, Y'all” and y'all can bet
That the action's not a trick, but sho nuff a function

"デイジー"は「その内なる音さ、皆んな」て意味さ。信じていいよ
手品なんかじゃないよ、それどころかうまく機能するんだ


Everybody wants to be a deejay
Everybody wants to be an emcee

みんなDJになりたいのさ
みんなMCになりたいのさ


But being speakers are the best
And you don't have to guess

話し手になるのは最高さ
想像なんてしなくても分かるでしょ


De La Soul posse consists of three
And that's the magic number

デ・ラ・ソウルは「3」人グループさ
そしてそれは魔法の数字なのさ


This here piece of the pie
Is not dessert, but the course that we dine

ここにあるのはパイの一部さ
デザートじゃないよ、でもそれは俺らが食べる一品さ


And three out of every darn time
The effect is “Mmmm” when a daisy grows in your mind

毎皿食べるたびに最低でも「3」回は
「んーん!(美味しい)」っていうのさ、君の頭にデイジーの花が咲いてる時にね


Showing true position, this here piece is
Kissin' the part of the pie that's missin'

本当の立場さ、このパイの一部は
パイの無くなった部分にキスをしているんだ


When that negative number fills up the cavity
Maybe you can subtract it

その虫歯にマイナスの数字が産み込まれた際は
引き算しちゃえ


You can call it your lucky partner
Maybe you can call it your adjective

(「3」を)幸運なパートナーと呼ぶのも有りだし
ただの付いてくる物と呼ぶのもいいさ


But odd as it may be
Without my 1 and 2 where would there be

でも奇妙なことに
「1」と「2」がなかったら存在しないのさ


My three: Mase, Pos and me
And that's the Magic Number

「3」はね:メイスにポス、そして俺
そしてそれは魔法の数字なのさ


Focus is formed by flaunts to the soul
Souls who flaunt styles gain praises by pounds

目的は魂への誇示によって作り出されるのさ
粋な流儀を誇示した魂は沢山の称賛を浴びるのさ


Common are speakers who honor the scroll
Scrolls written daily creates a new sound

凡人ってのは大麻を大事にする話し手の事さ
毎日吸う事で新しい音が生まれるんだよ


Listeners listen cause this here is wisdom
Wisdom of a Speaker, a Dove and a Plug

リスナーはその音楽を聴くんだ、それは知識だから
話し手の知識、ドーヴとプラグさ


Set aside a legal substance to feed ‘em
For now get 'em high off this dialect drug

その合法でしかないものは全て横に置いておいて
これからはこの場所独自の薬でハイになるんだ


Time is a factor so it's time that counts
Count not the negative actions of one

時間は重要さ、だから今こそそれを考えるべきさ
悪い行いは数えなくてもいいけどね


Speakers of soul say it's time to shout
Three forms the soul to a positive sum

魂の語り手は今こそ叫ぶ時だと言う
「3」は全てを良くまとめ魂を作り出す


Dance to this fix and flex every muscle
Space can be filled if you rise like my lumber

この薬でダンスをし、全ての筋肉を見せつけるんだ
空いてるスペースを埋める事だってできるぜ、もし君が俺のマリファナみたいに高く育てることができればね


Advance to the tune but don't do the hustle
Shake, rattle, roll to my Magic Number

その音色に惹かれるのはいいけど、ダンスはしないで
俺の魔法の数字とともにシェイク、ラトル、ロールをするのさ


Now you may try to subtract it
But it just won't go away

引き算してもいいよ
でもその魔法の数字は消えないのさ


Three times one?
(What is it?)
(One, two, three!)
And that's a Magic Number

「3」かける1は?
何?
1、2、「3」さ!
それは魔法の数字なのさ


(Yo, what's up?)
(1, 2, 3)

え、何さ?
1、2、「3」さ


(I say, children, what does it all mean?)
(Woah-woah-wo, 1, 2, 3)

俺は言うぜ、それはなんて意味なんだよ?
1、2、「3」さ


(I wouldn't lie to you)
(No more no less, that's a magic number)

嘘は言わないよ
多くも無く少なくもない、それが魔法の数字さ


(No more no less)
(What it is?)

多くも無く少なくもない
何それ?


(No more no less)
(Do the shang-a-lang)

多くも無く少なくもない
シャンガラングをするんだ


(No more no less)
(Anybody in the audience ever get hit by a car?)

多くも無く少なくもない
観客の中に車に轢かれた事ある人いない?


(No more no less)
(How high's the water, mama?)

多くも無く少なくもない
水の高さはどのくらい?


(No more no less)
(How high's the water, mama?)

多くも無く少なくもない
水の高さはどのくらい?


(No more no less)
(Three feet high and rising)

多くも無く少なくもない
「3」フィートの高さ、もっと高くなってきてるかも


(No more no less)
(Three)
(That's a magic number)

多くも無く少なくもない
「3」さ
それが魔法の数字さ


英語の解説



Unless your name's Brewster, cause Brewster's a Punkこの部分は"Punky Brewster"は「パンキー・ブリュースター」という1984から4年間放送されたシットコムの事を言っています。

Fred Astaires"Fred Astaires"「フレッド・アステア」はハリウッドのミュージカル映画全盛期を担った1930〜50年代に活躍した俳優です。

scroll"scroll"は「巻物」という意味の他にも「マリファナ」という意味で使われることがあります。

lumber"lumber"は「木材」という意味の他にも「マリファナの茎」という意味があります。

shang-a-lang"shang-a-lang"は「イギリスの子供用TVシリーズ」です。


The Magic Numberについての解説


"The Magic Number"はニューヨーク発のPosdnuos(ポス), Trugoy the Dove(トゥルーゴイ), Pasemaster Mase(メイス)の3人グループDe Las Soul(デ・ラ・ソウル)によって1989年にリリースされた曲です。
また、この曲はディズニーとソニーの共同作品であるマーベル・シネマティック・ユニバースのトム・ホランド主演の映画Spider-Man: No Way Home(スパイダーマン:ノーウェイホーム)のエンディングで流れます。