全ての歌ディズニー映画一覧
全ての歌ディズニー映画一覧

『ノートルダムの鐘』で流れた英語の歌・全曲まとめ




『ノートルダムの鐘』の英語歌詞一覧


カジモド

歌:Out There(僕の願い)

映画:The Hunchback of Notre Dame(ノートルダムの鐘)

フロロー

歌:Hellfire(罪の炎)

映画:The Hunchback of Notre Dame(ノートルダムの鐘)

クロピン

歌:The Bell Of Notre Dame(ノートルダムの鐘)

映画:The Hunchback of Notre Dame(ノートルダムの鐘)

エスメラルダ

歌:Someday(サムディ)

映画:The Hunchback of Notre Dame(ノートルダムの鐘)



『ノートルダムの鐘』の解説


公開日:1996年6月21日(米)1996年8月24日(日)


制作会社:Walt Disney Animation Studios(ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ)


監督:Gary Trousdale(ゲイリー・トルースデール), Kirk Wise(カーク・ワイズ)


作曲家:Alan Menken(アラン・メンケン)


代表曲:Out There(僕の願い)


アカデミー賞:無し


ゴールデングローブ賞:無し


主要キャラクター:Quasimodo(カジモド)


あらすじ|レミゼラブルでも有名なヴィクトル・ユーゴーの『ノートルダムのせむし男』を原作とする映画で、舞台は15世紀のフランスのパリです。 最高裁判事であるフロローはジプシー狩りをしている際に、逃亡しようとしていたジプシーを殺害、そしてその女性が抱えていた赤ん坊が醜かったため、井戸に捨てようとします。 しかし、その場をノートルダム大聖堂の司祭に見られ、大聖堂の鐘のある塔に閉じ込めて育てることに。20年後、心の優しい純粋な青年になったカジモドは外に出たさのあまり、ノートルダム大聖堂の下で行われる破り道化の祭りに参加し、ジプシーの踊り子であるエスメラルダに一目惚れをします。 しかし、町の人にいじめられるカジモドをかばったエスメラルダはフロローの怒りを買い、ノートルダム大聖堂の中に閉じ込められることに。カジモドの手を借りてエスメラルダは逃げ延びますが、それがさらにフロローの怒りを煽り、彼はジプシーへの襲撃を始めようとします。


曲の説明|『Out There(僕の願い)』この曲は20年間ずっとノートルダム大聖堂のなかにとじ止められてきたカジモドがいつか外に出たいという思いを歌った歌です。
『Hellfire(罪の炎)』この曲は忌むべき存在であるジプシーの娘であるエスメラルダに恋をしてしまったフロローの気持ちを表した歌です。
『The Bell Of Notre Dame(ノートルダムの鐘)』この曲は冒頭でカジモドがどうしてノートル・ダム大聖堂の中で過ごすことになったかを説明する際に流れます。
『Someday(サムディ)』この曲はエンディングで流れます。