【歌詞和訳と英語解説】
Let It Go
(レット・イット・ゴー)


映画:Frozen(アナと雪の女王 / アナ雪)



music by Robert Lopez. Kristen Anderson-Lopez
lyrics by Robert Lopez. Kristen Anderson-Lopez
singing by Ideana Menzel(Elsa)

英語の歌詞と和訳


*赤くなっている英語は下に解説が載っています。
*上に貼ってあるYouTubeの動画を再生しながら歌詞を見ることも可能です。

The snow glows white on the mountain tonight
Not a footprint to be seen

今夜の山の雪は白く輝き
足跡は一つも見られないわ


A kingdom of isolation
And it looks like I'm the queen

孤独な王国
そして私がその王国の女王のようね


The wind is howling like this swirling storm inside
Couldn't keep it in, Heaven knows I've tried

風が唸っている、私の心の中を渦巻く嵐のように
私は(魔法の力を)抑えることができなかった、天国(神様)は私が(抑えようと)頑張ったのを知っているわ


Don't let them in, don't let them see
Be the good girl you always have to be

誰も入れてはいけない、誰にも見られてはいけない
いつものように、いい子にしなくてはいけない


Conceal, don't feel, don't let them know
Well, now they know!

隠すのよ、感じないで誰にも知られないで
でも、もうみんな知っているわ


Let it go, let it go
Can't hold it back anymore

抑えなくていいの抱えなくていいの
これ以上抑えられないわ


Let it go, let it go
Turn away and slam the door!

抑えなくていいの抱えなくていいの
背を向けてドアを(バタンと)閉めるわ


I don't care what they're going to say
Let the storm rage on
The cold never bothered me anyway

私は気にしないわ、彼らが何と言おうとも
嵐は強いままにしておけばいいの
寒さなんか私を悩ませないもの


It's funny how some distance
Makes everything seem small

すごくおかしなことね、距離が離れると
全ての事がちっぽけに感じるわ


And the fears that once controlled me
Can't get to me at all!

それに、一度私をコントロールしていた恐怖は
もう私をコントロール出来ないの


It's time to see what I can do
To test the limits and break through

今こそ私が何が出来るかを試すとき
限界がどこかを知りそれを打ち破るの


No right, no wrong, no rules for me
I'm free!

私には、正解も間違いもルールもない
私は自由なのよ


Let it go, let it go
I'm one with the wind and sky

抑えなくていいの抱えなくていいの
私は風と空と共にあるのよ


Let it go, let it go
You'll never see me cry

抑えなくていいの、抱えなくていいのよ
もう私が泣くことはないわ


Here I stand, and here I'll stay
Let the storm rage on!

私ここに立ち、ここに残るわ
嵐は強いままにしておけばいいわ


My power flurries through the air into the ground
My soul is spiraling in frozen fractals all around

私の力が空気を伝って大地を揺るがすわ
私の魂は氷の結晶の中で渦巻くの



And one thought crystallizes like an icy blast
I'm never going back, the past is in the past

私の思いは冷たい突風のように結晶化(具体化)されるわ
もう一度も戻らないわ、過去は過去にあるもの


Let it go, let it go
And I'll rise like the break of dawn

抑えなくていいの、抱えなくていいの
私は立ち上がるわ、明け方のように


Let it go, let it go
That perfect girl is gone

抑えなくていいの、抱えなくていいの
あの完璧な女の子はもういないわ


Here I stand in the light of day
Let the storm rage on!
The cold never bothered me anyway

私は立つわ、明るいところに
嵐は強いままにしておけばいいの
寒さなんか私を悩ませないもの


英語の解説



like"like"は「好き」という意味だけではなく「〜のような」という意味もあります。
(例)"This drink tastes like orange."「この飲み物はみかんのような味がする。」

keep it in"Keep A in"は「Aを抑える」「Aを閉じ込める」という意味です。
"We should keep the bear in the cage for now."「あの熊は今のところ檻に閉じ込めておくべきだわ。」

Don't let them in, don't let them see Be the good girl you always have to be Conceal, don't feel, don't let them knowこのパートは"For The First Time in Forever"(生まれて初めて)でも使われています。

let them in
let them see Be
Let it go
Let the storm rage on
"Let A B"で「AにBさせる」「AがBする事を許す」という意味です。
(例)"Let me play this game for an hour."「1時間ゲームをさせてよ。」

Let it go"Let it go"は「itを解放する」「itを何もしないでおく」「itを諦める」という意味です。この曲では"it"は「抑えなくてはいけない魔法の力」「完璧な子でいなければいけないという重いプレッシャー」の事を表しています。そこから"Let it go"は「魔法の力をもう抑えなくてもいい」「重いプレッシャーから解放されるの」という意味が取れます。

hold it back"Hold back"は「抑える」「抑止する」「控える」「秘密にしておく」という意味です。

Turn away"Trun Away"は「背を向ける」「他の方を向く」という意味です。

Makes everything seem small"Make A B"は「AをBにする」「AをBに変える」「AにBを作る」という意味です。
"Smartphones make our life easier."「スマホは私たちの生活をより簡単にします。」

get to me"get to A"は「Aに届く」という意味です。Aが動詞の場合は「Aをする機会を得る」という意味です。

at all"At all"は「全く」「全然」「さっぱり」という意味です。
(例)"I don't know how to solve this problem at all."「この問題をどうやって解くのか全くわからないよ。」

break through"Break through"は「突破する」「切り抜ける」という意味です。

I'm free"A is free"は「Aは無料だ」という意味の他に「Aは自由だ」「Aは空いている」という意味もあります。
(例)"Are you free on next monday?"「次の月曜日空いてる(暇してる)?」

flurries"Flurries"は「慌てる」「狼狽える」という意味です。ここでは大地をうろたえさせる、から大地を揺るがす、と和訳できます。

crystallizes"Crystallize"は「具現化」「結晶化」するという意味です。この場面でエルサは氷のお城を具現化、結晶化してるため、両方の意味で取られます。

break of dawn"Break of dawn"は「夜明け」「明け方」という意味です。

That perfect girl is gone"A is gone"は「Aはもう居ない」「Aは去っていった」「Aは死んだ」「Aが失くなった」という意味です。
"My laptop is gone!"「私のノートパソコンが失くなっちゃった!」


Let It Go (レット・イット・ゴー )についての解説


この曲はエルサがずっと秘密にしてきた力が国民にバレてしまい、国を出てもう隠さなくて良い私は自由なの、と言う気持ちを歌う歌です。
"Heaven knows I treid"のパート、元々は"God knows I tried"であったがアブラハム系統の宗教では罪となるため、heaven に変えられました。
ズートピアの中でジュデイのミュージックプレイヤーにこの曲がのっています。(Let it go の代わりにLet It Goatと名前が変化しています)
シュガーラッシュ・オンラインではこの曲が少しだけ流れます。
アカデミー賞受賞(ディズニーの映画としては14年ぶりの受賞をしています。この曲の前はターザンの歌"You'll be in my heart"(ユール・ビー・イン・マイ・ハート)が受賞)、ゴールデングローブノミネート、また、2014年流行語対象トップ10に”ありのままで”が選ばれています。
映画公開時にはレット・イット・ゴーが大流行し通常の上映の他に「みんなで歌おう アナと雪の女王」という上映中に歌が流れる際みんなで歌うことを目的とした映画も公開されました。